[2019年]子供が喜ぶおせち通販のオススメ!幼児から小学生に大人気

子供に[おせち]の意味を聞かれたら?知れば納得!お節の歴史

おせち料理の歴史っていつから?

おせち料理と言えば、昔から煮物などを中心とした和風のお料理として知られていますが、おせちっていつから始まったんでしょう?
実は過去にさかのぼること平安時代」から始まった風習なのですよ。

でも平安時代から江戸時代にかけて一般庶民が「おせち」を食べる習慣はなく、主に上流貴族の方が食していたそうです。

おせち料理を正月に食べる理由って?

おせち調理。日持ちする食材ばかりの選ぶ理由は2つの意味があって、
  • 台所にいる火の神様を休ませる
  • 正月の期間中だけは女性を休ませる
という意味もあるそうです。

本来の意味は、火の神様をお迎えしているお正月。物音をたてたり騒がしくせず、台所で煮炊きをするのを慎むというところからきていますが、 毎日まいにち一生懸命働いているお母さんのために、お正月(三日間)くらいは、家族楽しく「おせち」を囲むという風習になったんですね。

 

毎日台所で働いている神様・お母さんありがとう!

 

おせちはめでたい食材

おせちに含まれる食材には必ず、豊作、子孫繁栄、出生、長寿いずれかの意味を持つといわれています。

正月に食べられる理由は、季節の変わり目「節日」に神様にお供え物をし、宴(うたげ)=酒食をもうけ、たくさんの人と食事をしながら楽しむことをする行事だったんです。

おせち料理に含まれる食材の内容は、地域や家庭によってもちがっていますが、土地・地域ならではの旬の食材や特産物が使われていたのがほとんどです。

そこで、お正月によく出てくる「黒豆」「えび」・・などはどんな意味をもつのか子供に伝えることができますか?

おせち料理の食材どんな意味を持つの?

おせち料理の意味を調べてみました。どれもお正月に食べると今年1年いいことが起こる縁起物ですね。
食材 意味
黒豆(まめ) 今年一年、勤勉に=「まめ」に働けますように!という願いをこめて。
数の子(かずのこ) 数の子はニシンという魚の子です。
子孫繁栄=「子供だくさん」になりますように。
紅白かまぼこ 赤と白のかまぼこは吉事(めでたい。縁起がいい。)の色です。
田作り(たづくり) 昔、稲(いね)を作るときにイワシを肥料として蒔いたら大豊作になった。ということから>
稲・お米の豊作になりますように。
栗きんとん きんとんは金団という漢字で書き、本来は「金色の団子(だんご)」のことを指します。
金運を呼ぶ縁起物です。
昆布巻き(こぶまき) 喜ぶ=「よろこぶ(昆布)」という言葉から。
幸福になりますように。
鯛(たい) めでたい(鯛)という言葉から。
幸福になりますように。
海老(えび) 海老の背中は曲がっていてヒゲが長いので、老人を連想させることから。
長寿になりますように。
田芋(たいも) 田芋は子芋がたくさんつくことから。
子宝に恵まれますように。
レンコン 穴のあいたレンコンは、先を見通しできるという意味から。先見性のある一年になりますように。
くわい くわいには大きな芽がでることから。今年1年仕事で芽がでますように。出世できますように。
ごぼう ごぼうは土にしっかりと根を張ることから。
強さ・丈夫な体になりますように。
 

子供がおせちを食べない!

縁起物とはいえ、海老とかごぼうとか。子供があまり食べそうもない食材ばかりが並びますね。

私も昔は「栗きんとん」が大好きでしたが、他はあまり食べた記憶がありません。

煮物も多く味付けが濃いものだったり、しょっぱかったりと子供ウケがいまいち・・とあまり食べないお子さんもたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そこで、子供用おせち特集として、子供が喜びそうなおせち特集をつくり、まとめて見ました。

最近では、バラエティー豊富なハンバーグ、海老はエビフライに。おもちゃがついてくる!人気のキャラクターで喜んでもらう子供用のおせちもたくさん出てきました。

子供にも家族(大人)でも楽しめるおせち!上手に選んで楽しく笑顔でお正月を迎えましょう。